安全への取り組み
Safety Initiatives

安全への取り組み

Safety Initiatives

03.組織
__

プロッフェショナル集団による施工
湾岸を埋め立て土地を広げるあのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

01.意識と集中力をより高く

Consciousness and concentration
------------------------------------------------------------------
安全意識を恒常化するために

弊社では毎朝全員で朝礼を実施し、ラジオ体操やスローガン唱和、安全の指差し呼称などを行ないます。現場での事故・トラブルをなくすためには、日々の取り組みやコミュニケーション強化が必須です。

また、運転には足腰の体力も求められるため、集中力強化にも繋がるスクワットを日課としています。

02.スローガン

   安全目標の徹底

Slogan · Ensure objective
------------------------------------------------------------------
反省から生まれるサービス品質

弊社では全社員が、月ごとに定められたスローガン、社内交通安全目標を守ることを徹底しております。スローガン・社内交通安全目標は、毎月前月の反省を活かして絶えず改善を重ねている点がポイント。

現状に妥協することなく、継続してサービス品質向上に努めていくのがミカワのスタイルです。

03.トラブル事例は社内で共有

Share trouble cases in-house
------------------------------------------------------------------
同じ過ちは絶対繰り返しません!

日々トラブルのないように努めていますが、誰しも失敗はあるもの。起きてしまったことを悔やむのではなく「なぜ起きたのか、どのようなことが起きたのか」を究明し、事例を必ず全社員で共有します。

同じ過ちを繰り返さぬよう周知徹底し、事故撲滅に向けてドライバーの安全意識向上に取り組んでいます。

「総合力での勝負」

プロフェッショナルドライバーによる

朝礼・安全指差し呼称

朝礼時、社員一人が安全に対する確認呼称を発言、その他全社員が全員で呼称します。

呼称内容は各社員で考えた内容、全社員で共有することにより安全に対する意識が高くなります。

04.チームワーク

プロッフェショナル集団
私たちはお客様へ「期待を超える感動」を届けるため、チームワークを大切にし、チームの目標とチームにおける自分の役割を理解した上で行動します。
項目を追加

輸送車両の点検

Inspection of transport vehicles

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青。

夏でもそこに冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

3カ月点検の実施

車両トラブル未然防止のために
突然の車両トラブル等を未然に防ぐため、全車両に必ず3カ月点検を実施します。お客様の大切な荷をお運びする者として、それを支える車両のメンテナンスは特に力を入れていく方針です。その一環として車両整備場も保有しております。

毎日の乗車前点検

当たり前のことを日々確実に実施

毎日の乗車前点検も徹底しております。

法令で義務付けられていることではありますが、プロのドライバーとしての責任感を持って、毎日欠かすことなく実施しています。

どうぞ安心して私たちにお任せください。

トレーラー基準緩和申請

法令遵守の安全・安心・確実な輸送

トレーラーなどの大きな車両は、本来の保安基準に適合していないため車検を取得することが不可能です。そのため、公道を走れるように基準緩和申請を行なわなくてはなりません。

弊社では2年に1回、許可を受け直しています。

項目を追加